職場風土・次世代育成

ホーム > 職場風土・次世代育成

職場風土改革促進事業の取り組みについて

 当法人は、平成20年6月、財団法人21世紀職業財団より「職場風土改革促進事業実施事業主」として指定を受けて、「育児・介護の諸制度」に関しての啓発を図り、「仕事と家庭の両立支援」を推進するための柔軟で多様な働き方のできる環境を整えます。

社会福祉法人信達福祉会
理事長 岡﨑康之

次世代育成支援対策・一般事業主行動計画

 仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることにより、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間 平成30年 4月 1日から平成33年 3月31日まで
2 内容 目標 男性の育児休業制度等の周知、取得促進を図る。
《対策》
当法人の育児・介護休業等に関する規程について、男性職員も取得できる諸制度をわかりやすくまとめ、掲示、配布し、子育てしながら安心して就業できる環境の整備を目指す。
・平成30年4月~8月 育児・介護休業等に関する資料を作成する。
・平成30年9月~   育児・介護休業等に関する資料を掲示、配布する。
・施設長、管理職等を通じ、各施設において説明会等を実施し、職員に周知する。

※制度改正があれば、随時、規程等を改正し、その部分についても職員に周知を図る。